FC2ブログ

第2章 食文化と食生活 ○×問題

○×問題

[1]小正月の行事食は甘茶である。

【×】

小正月は小豆がゆを食べる。甘茶は灌仏会の行事食。

[2]食材は土地特有のものでなくても、調理方法が土地特有のものであれば、郷土料理といえる。

【○】

[3]その季節に初めて収穫した野菜、果実、穀物、魚介などを初物といい、値段が高めで、栄養価が高く味もおいしい。

【×】

初物は値段は高めだが、初物よりも収穫最盛期のものの方が栄養価が高く味も良いことが多い。

[4]コーヒーに砂糖を入れるとコーヒーの苦みを感じにくくなるような作用を変調効果という。

【×】

上記は抑制効果の説明。食塩水の後に水を飲むと甘く感じるといった、違う味を続けて味わうと後の味が変化する作用を変調効果という。

[5]調理には、食べ物を衛生上安全なものにする目的がある。

【○】

[6]水などで時間をかけて加熱し味をつけていくことを「ゆでる」という。

【×】

上記は「煮る」の説明。「ゆでる」は味付けをしない。

[7]西洋料理は肉や油脂を主原料として、香辛料で風味付けする。

【○】

[8]精進料理とは、一時の空腹をしのぐための料理で、茶の湯の席の前に出す簡単な料理のことをいう。

【×】

上記は懐石料理の説明。精進料理は植物性食材のみでつくる、仏教思想が基本となっている料理。

[9]信楽焼など、温かみと渋みをもつ焼き物を磁器という。

【×】

上記は陶器の説明。磁器は光沢があり、硬くて冷たさをもつ器

[10]マナーに反した箸使いを嫌い箸という。

【○】

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント